50歳以上のゴルファーにお勧めの5つのエクササイズ

Uncategorized

Golf in Japan50歳以上のゴルファーにとって、加齢などによる様々な問題によってパフォーマンスが制限されてしまうというのは否めないところです。例えば、骨の老化は体の柔軟性に支障をきたします。そこで、まだまだ日本で現役でゴルフを楽しみたいというあなたは以下に挙げるエクササイズを考えてみてはいかがでしょうか。

ヒップ・ローダー

片足を前に出し両手で前足に触れます。元に戻って、つま先を正面に向けたまま脚を真横に開き両手で右足に触れます。元に戻り、つま先を直角に回しながら脚を開きます。このとき両腕を同じ方向に伸ばします。

椅子の上での抵抗回転

このシニアゴルフ向けのエクササイズは腰骨の動きと身のこなしの上達に役立ちます。そして、シニア世代によくある課題のひとつ、体の柔軟性を保つのにも大いに役立つことでしょう。椅子に腰かけ、ドアに括り付けたゴムバンドを引っ張ります。

スタンディング対角クロール

両手を肩の高さに構え立ちます。右手と同時に左足を少なくとも6フィートの高さまで上げます。逆パターンも交互に繰り返しながら20回行います。このときバランスを保つように心がけましょう。

つま先内向きブリッジ

足の裏を付け膝を立てた状態であおむけになります。つま先を内側に向け、骨盤を持ち上げます。この状態を数秒間保ちます。元に戻り繰り返します。

ゴルフストレッチ

この50歳以上のゴルファー向けのエクササイズは体幹の安定性を向上し、腰痛の予防に役立ちます。このゴルフストレッチは日常的に、または、試合前などに行うのがよいでしょう。そのことで筋肉を効果的に温めることができ、かつ、試合中の緊張感などを緩和するのに役立ちます。準備運動として普段のルーティン通りの運動をするのがよいでしょう。

Previous
5 Best Exercises for Senior Golfers Over 50
Next
Golf Stretches Promoting More Fluid Swing

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *